2019年12月20日

お知らせ

東紀州イーグルスの細野と言います。いつもブログにアクセスいただきありがとうございます。
さて、この間、ブログの更新が途絶えていましたが、今後はしっかりと運営して参りたいとおもいますので、アクセス宜しくお願いします。
さて、残念なご報告をしなければなりません。兼ねてより病気療養しておりました、坪上晴彦さんが、本年、9月に他界しました。ご報告が遅くなりましたこと申し訳なくお許しください。坪上さんは、これまで、全国の多くのフライヤーの皆さんと交流されていたと拝察します。本クラブは、これまで通り運営をいたしますので、フライト希望がありましたらご連絡ください。スクールは、当面は休校となります。また、坪上さん所有のログハウスは、すでに別の方に所有が代わりましたので利用できません。今後も、東紀州イーグルスへのご支援お願いしましす。


toshi_m77 at 08:11│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by sakana   2020年02月22日 23:57
2/24、杖の峰〜尾鷲、飛びたいのですが。
2. Posted by sakana   2020年02月24日 06:39
XC計画書は1年前に坪上さんに渡してあります。大蛇峯トップアウトできない場合は七里御浜〜大泊〜新鹿に降ります。七里御浜に原付バイクをデポしてあり、原付で軽トラ回収。11時TO、17時半回収完了予定。無線で黒潮パラグライダークラブの皆さんがサポート。
3. Posted by ハルモモ   2020年03月03日 18:58
はじめまして、坪上さんには直島在勤の時に大変お世話になりました、主人と坪上さんどうしているかな?GWには久しぶりに遊びに行くかと話していました、何気なくブログを開くと坪上さんの訃報、驚いて声も出ません。

坪上さんのご冥福をお祈りすると共に、これからの東紀州イーグルスのご繁栄をお祈りします。
4. Posted by sakana   2020年03月06日 20:28
私がテイクオフの所有者・熊野市から利用の許可をもらったのに、それを覆し、飛ばさせないような電話を入れたのですか? あなた方は契約者でもないのに、どういう根拠で、何のために、「飛ばせないような努力」をするのでしょうか? 飛びたい人を飛ばせないことにより、どういうメリットがあるのでしょうか?
5. Posted by sakana   2020年03月18日 22:09
「本クラブは、これまで通り運営をいたします」とありますが、私のXC申請はどうなってますか? 風の便りでは、11月に「XCフライトは認めない」とルールを変えた? なぜ私に連絡がないのですか? 1年以上タナざらしの上、ルール変更の説明も連絡もなしですか? 結局、プライベート・エリアをまんまと得たのが東紀州イーグルス? 坪上さんはスカイスポーツの普及発展を願って、離陸場を転用されないように借地していたのです。他所のフライヤーを閉め出すためではありません。あなたがたが坪上さんの意思を踏みにじるなら、それは違うだろう、と私は言わざるを得ません。
6. Posted by sakana   2020年03月18日 22:43
なお、この件(熊野市と協議した件)は黒潮パラグライダークラブとは関係ない、私個人の行動です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔